読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◢STAP◤のビジネス研究発信所

〓 ネットビジネス歴5年の私が、脱サラを期にガチで『ネットでお金を稼ぐ方法』を書き殴っていくブログです〓⌁⌁⌁時々、運営側の視点からもノウハウの解説をしていきます♣

webマーケッター必須!ふと目にした途端、思わずクリックしたくなる『広告作成キーポイント』

 こんにちは!

WEBページを作成する時って

 

広告バナーの作成が

 

「ひとつや2つくらい

すぐできるだろうニヤリ

 

と思っていても

案外時間がかかってしまいますよね。

 

 

Webサイト制作と同じように

配色やレイアウトなどの

 

一つひとつに迷ってしまう方も

多いと思います。

 

 

実は私も最近まで

 

バナーを制作するのに

2時間以上かかっていました。

 

 

しかし

 

「どうすれば速く

簡単にバナーを作るのか」

 

を繰り返し

試行錯誤する中で

やっと見つけたのがこの方法です。

 

 

この方法を

身につければ

 

誰でも

1時間足らずで

効果の高いバナーを

量産することができると思います。

 

 

各制作ステップの見出しの横に

 

実際に

その作業にかかった時間も

記載していますので、

 

これをひとつの

制作時間の目安として

参考にしてください ><

 

 

また

 

別サイトに公開している

バナーの基本ルールやレイアウトの記事も

紹介しておりますので、

 

そちらも合わせて

ご覧いただけると

バナーに関する理解も深まると思います。

 

 

 

✅ そもそもなぜこの方法が速く制作できるのか?

 

 

バナーを速く制作するコツは

2つあります。


1つめは

配色とレイアウトの工程を切り離すこと。

 


2つめは

【まずは手書きで大枠を決める→

PCで単色レイアウト→実際に色付け】

 

といったように

 

レイアウト工程を

小さなステップに小分けにすることです。

 

 

配色とレイアウトを

同時に進めてしまうと

 

「あぁでもない、こうでもない・・・」

 

となかなか決められず、

修正に時間や手間がかかってしまいます。

 

 

そのため配色なら配色のみ、

レイアウトならレイアウトのみを考え、

作業を行うことで作業効率が劇的に上がるのです。

 

 

また

 

レイアウトにしても

ステップ自体は増えますが、

 

この小さなステップ

一つひとつを踏むことで

 

後々修正をすることなく、

高品質なバナーを制作することができるのです。

 

1. バナーの前提ルール

20140821_02

 

バナーには

いくつか基本のルールがあります。

 

いくら速くバナーを仕上げても

 

これらの基本をおさえないと

高品質なバナーは作れません。

 

上記の5つのポイントは必ず守るようにしましょう。

 

2. 高品質なバナーを速く簡単に作る8ステップ

2-1 訴求するコピーを決める

目安時間:5分
IMG_0857

 

 

バナーは

ユーザーが一瞬で意味を理解でき、

 

当事者意識を持ってもらうことが目的です。

 

 

そのため、バナーでは

 

そのサービスから

得られるメリットを端的に伝える必要があります。

 

 

今回の例で言うと

 

「累計100万PV突破。

 

ネットでの成果をUPさせる方法を教えます」

 

がこれにあたります。

 

 

ユーザーが得られるメリット

に言い直すと

 

「WEBマーケティングに関する

 

価値が高い情報を入手できる」

 

ということです。

 

 

このように

ユーザーが得られるメリットを

明確に示すことが大切です。

 

2-2 とりあえず構成要素をすべて置いてみる

目安時間:3分
20140821_03

 

バナーを制作する際は、

 

初めに

一旦必要な構成要素を

すべて置いてみましょう。

 

すべて置かずに

デザインを始めると、

 

あとから要素を追加するのは

 

手間がかかり、

とても大変です。

 

 

また、

 

一つひとつの要素を

デザインしながら

 

作業を進めると

 

「配色やレイアウトはどうしよう」

 

と余計なことを考えてしまい、

なかなか作業が進みません。

 

そのため、

初めはバナーに必要な情報を

 

すべて置いてみることをおすすめします。

 

2-3 構成要素に優先順位をつける

目安時間:3分
LISKUL_ver03

 

 

バナーでは

何を一番伝えたいかを

明確にしなければなりません。

 

 

そもそもバナーには

サイズに制限があります。

 

 

あれもこれも

伝えようとすると

 

薄っぺらいバナーに

なってしまいます。

 

 

今回のバナーで

一番伝えたいことは

 

 

「LISKULが累計100万PV突破したこと」です。

 

 

そのため文字を大きくし、

一番目立つようにしています。

 

 

このように

 

バナーを作る際は

伝えたいことをひとつに絞り、

訴求を明確にする必要があります。

 

2-4 まずは「手書き」でレイアウトしてみる

目安時間:10分
IMG_0851

 

構成要素の優先順位が決まったら

次はいよいよレイアウトです。

 

 

ただし、

いきなりPCでレイアウトを

考えるのではなく、

 

 

まずは

「手書き」でレイアウトを考えましょう。

 

いきなり

PCでレイアウトしてしまうと

 

どの要素を

どこに配置するのか

を考えすぎてしまい、

 

なかなかレイアウトを決められません。

 

 

一旦手書きで

レイアウトを決めることで、

 

PCで悩みながら

作業する時間を少しでも短縮することができます。

 

2-5 単色でレイアウトする

目安時間:10分
20140821_04

 

手書きでレイアウトが

ある程度決まったら、

 

実際に

PCでデザインに落とし込んでいきます。

 

しかし、

レイアウトは

いきなりフルカラーで

進めてはいけません。

 

フルカラーで進めての配色と

レイアウトの両方で

 

つまずいてしまうと

 

無駄に時間がかかってしまうので、

 

まず配色は

一旦置いておき、

 

レイアウトのみを組んでいきましょう。

 

2-6 文字のカーニングを行う

目安時間:1分

文字のカーニング(字間調整)も

忘れないようにしましょう。

 

文字の隙間が違うだけで

 

人は違和感を感じるものです。

 

 

このような細かな点に

こだわるだけで

 

クオリティが上がります。

 

 

ただ、

今回はバナーを「早く」作ることが

テーマなので、

 

手間をかけずに

カーニングする方法として

 

カーニング設定を

オプティカル

にすることをおすすめします。

 

 

オプティカルにすることで

 

自動的に

カーニングしてくれるのです。

 


20140821_05

 

 

2-7 配色はサイトのイメージに合わせる

目安時間:10分
20140821_06

 

バナーの前提ルールにも

書かれていますが、

 

基本的に

配色はサイトのイメージに

合わせるようにしましょう。

 

ユーザーは

バナーに書かれている内容に

興味を持ってアクセスしてくるので、

 

飛び先のLPやサイトのカラー

 

とまったく

違う配色にしてしまうとユーザーが

戸惑ってしまう可能性があります。

 

 

また、

 

実際にLPやサイトで

使用されている配色を

使用することで無駄に配色が増えるのを

防げるだけでなく、

 

配色に悩む時間を減らすことができます。

 

2-8 最後にもう一度モノクロにして視認性をチェック

目安時間:3分

バナーが完成したら一度

モノクロにして視認性をチェックしましょう。

 

 

モノクロにして読みづらい場合は

 

フルカラーでも視認性が低い可能性が高いです。
20140821_07

 

3. 参考記事紹介

この記事以外にもバナーに関する

情報を公開しておりますので、

 

そちらも併せて参考にしていただけるとより

高品質なバナーを制作することができるはずです。

 

【LISKUL】成果の出るバナーは簡単に作れる|参考にすべきポイントと業種ごとの事例
【LISKUL】勝てるバナー20選!|レイアウトに悩んだ時の虎の巻

 

4. まとめ

いかがだったでしょうか?
ステップ自体は多いように感じますが、

 

この各小さなステップを早くすることで

高品質なバナーを早く、

簡単に作ることができます。

 

 

ぜひ、ご参考いただき実践してみてください。