読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◢STAP◤のビジネス研究発信所

〓 ネットビジネス歴5年の私が、脱サラを期にガチで『ネットでお金を稼ぐ方法』を書き殴っていくブログです〓⌁⌁⌁時々、運営側の視点からもノウハウの解説をしていきます♣

常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションのことを言う。

こんにちは!

今回はあなたに

「常識とは何か?」

という事について

 

 

私の持論も
ふまえた上でお話します。

 

 


なぜなら

 

あなたは普段、
何か判断は決断をする時に

 

必ず判断材料として

 

常識
脳裏の中で必ず使っているからです。

 



あなたは普段

 

常識というものに
縛られているかもしれません。



 

 

例えば、


・大学には行くべきだ。

 


東証一部上場企業に就職するべき。

 


・起業は危険なのですべきでない。

 


・就職して早く安定しなさい。

 


・家族をもちなさい。

 


・子供作ってはやく結婚しなさい。




等など。


では、

 

常識とは一体なんなんでしょうか?




常識って言葉は

 

意外と
あなたが考えているだけで
大したことではないです。


 


なぜなら

 

常識とは

人間が生まれる前から
あったかと言われれば

 

そんなものはなかったわけですよ。


ではなぜ

 

常識という言葉が
うまれたのか?


常識の意味は

私が思うに、
当たり前の事を人として、

 

人間として

やるべき事をしろって意味だと
私は思うんですよね。

 


なら

 

人間として
当たり前のこととは?



例えば

私が思うに、

あいさつをしたり、


目上の人敬ったり、


感謝したり、


そういった思想のことだと
私は思っているんですよね。


でも

 

いつしか

常識という言葉の意味を

ある一部の人たちが間違えて
捉えることによって、


思想よりも

行動やアクションに対しての
常識を定着させるようになったんだと思います。




就職したりとか、


こうしろとか、ああしろとか。


ある意味でいったら「洗脳」です。


例えばあなたが


人と違った人生を歩みたい、

普通のままの人生で終わりたくない、

脱サラして自由に生きてみたい、

高みを目指したいのであれば、

常識は破っていく必要があります。


必ずこの常識をすべて破って
新しい概念を脳みそのインストール
する必要があります。


そして今までのあなた自身の常識を覆すことです。



年収2000万は約0.4%
しかいないと言われています。




たった0.4%しかいないので、
世間で言う常識を守っていては、
そのような年収を得ることは出来ません。



私が今までやってきたことは、
すべて非常識なことです。

 

 



人と違った個性的で
高みに行きたい想いが強い。



年収、

ライフスタイル、

人間関係、

コミュニケーション能力、


等など、
すべての局面において一流になりたい。
そう思っています。



そして、それを実現するためには、
世間で言う常識を守っていてはダメです。


私の例で言うと、

偏差値30しかなくて、
定時制の高校生なのにも
関わらず、早稲田大学目指したり、

サラリーマンで何も人脈もコネも金も
ないのに自分でガールズバーの経営を
はじめてみたり、


等など全て非常識な行動です。



あなたは、常識を覆すって
難しいと思いますか?


いえ!簡単です!


ならどうしたらいいのか?


一番かんたんで手取り早く
常識を変えたいなら、


「環境と思考を変えることです」


実は、環境を変えることで
思考を変わります。

嫌でもあなたは環境が変われば
思考は変わります。

 



環境というのは

今つるんでる人を変えろ!

という事です。

 

 


もともと

私は18歳から起業を志した頃から

お金持ちが行きそうなところに
少し無理してでも行くようにしていました。

なぜなら

 

私の周りで私が目指しているところに
いる人がいなかったからです。

 

 


私が当時求めていたのは

とにかく


「自由」


ただただこれだけです。



時間的にも自由、


経済的にも自由。


自分の好きな時に
好きなことを好きなだけやりたかった。


もう本当に自由になりたかったんです。


あなたがもし

成長したい、

人と差をつけたかったら、

周りと同じことをしていてはダメってことです。


常識に縛られないでください。



常識にとらわれずにどんどん
行動して非常識な結果を得ましょう!




最後まで読んで頂き
ありがとうございました!