読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◢STAP◤のビジネス研究発信所

〓 ネットビジネス歴5年の私が、脱サラを期にガチで『ネットでお金を稼ぐ方法』を書き殴っていくブログです〓⌁⌁⌁時々、運営側の視点からもノウハウの解説をしていきます♣

宝くじに当たりました。

突然ですが・・・。


もしも宝くじが当たったら、、、


あなたは何をしたいですか?

あなたは何を買いますか?
どんな感情になると思いますか?

この前ニュースを見ていて
驚いたのですが、

実は毎年、宝くじを買っていて
当選したのに換金せずに
期限切れになってしまうという人が
います。


平成24年度は181億円が
換金されずに期限切れとなり
高額当選券が紙切れ同然に
なってしまったようです。


もしも、
それが自分に起きていたとしたら
と思うとゾッとします。


で、まさかまかさかなのですが、
僕が宝くじの高額当選券と同等の
ものを持っていることに
気づいてしまったのです!!!


1ヶ月以上前のことですが、
8月15日の終戦記念日に、
良い機会だと思い、

「永遠の0」のDVDを借りて
家で観ていました。

今回で3回目でした。
すごく好きな映画です。


それを観ていて思ったのです。

【俺はなんて運が良いのだろう】


・・・というか、これは奇跡だな
と思ったのです。


僕は、海外旅行が好きで
これまでもいろんな国を訪れました。


カンボジアへ行って孤児院を
見学させていただいたこともあります。


シンガポールに行き、
富裕層の方に色々とビジネスの
お話しを聞くためにも行った事もあります。


世界では、まだまだ貧しい国があり、
日々食べることで精一杯の暮らしを
している人たちが少なくありません。


世界中、どこに生まれても
おかしくなかったのに、


食べることでは困らない、
インフラが整っている、

この豊かな国、日本に生まれる
ことができたのは、とてもラッキー
なことだと思います。


しかし、
もしも約100年前に生まれていたら
どうだったでしょうか?


1915年、、、
第一次世界大戦のときです。


この時代に生まれていたら、
「夢」とか「自由」とか
言っている場合ではないと思います。


お国のために、
出兵する以外に選択肢はありません


では、
約50年前だったらどうでしょうか?

1965年、、、

東京オリンピックの年です。


だいぶ日本も元気になってきました。

しかし、まだ個人が平等に
「自由」や「夢」などと
語れる時代ではなかったのでは
ないか?


このときはまだ、
世の中にパソコンもありません。


インターネットもありません。

情報社会になるなんて恐らく
誰一人として想像していなかったと思います。




昔なら個人が事業を始めようと思ったら
多額の費用と、多くの人が
必要になります。


100年や50年など、
何百万年と続く人類の歴史から
考えたら、


まばたき程度、
にもみたない「同時」と言っても
過言ではない時間の中で、


自分が、2015年の日本で、
PCを持っていてインターネット環境
の中で生活できているということが
どれだけラッキーなのか
気づいてしまったのです。


また、僕はさらにラッキーなことに
パソコン1台あればお金が稼げる
ということを知り、

もうすでにその方法をマスター
してしまったわけです。


そして、さらにさらにラッキー
なことに、


僕の周りには
僕と同じように
パソコン1台で自由なくらいを
手に入れている「仲間」が
いるわけです。


こんなことは、
どれくらいの確率で
起こるのか考えたら、

天文学的な数字に
なってしまいます。


とにかく、自分が
超スーパーラッキーな
人間だと気づいてしまったのです。


日本に生まれて、
2015年にこうして生きていて
パソコンが個人で持てる時代で、
カフェに行けばインターネットが
無料で使えて、


こんな信じられない条件が
揃っているのに、

「挑戦しない」という選択をする
ことは、


宝くじの高額当選券を換金しない
ことと同じだと僕は思います。


昔の常識に囚われた
古いレールに引かれた人生を
歩むのはやめて、


先人が作ってくれたこの
素晴らしい環境に感謝して、、、
「挑戦すること」が
大事なことだと思うのです。


時間を大切にして前にして
進みましよう!


最後までお読みしてくれて
ありがとうございました。