読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◢STAP◤のビジネス研究発信所

〓 ネットビジネス歴5年の私が、脱サラを期にガチで『ネットでお金を稼ぐ方法』を書き殴っていくブログです〓⌁⌁⌁時々、運営側の視点からもノウハウの解説をしていきます♣

f:id:next0617:20160930165732j:plain

 

今日は軽いお話しをしたいと思います。

 

人間は皆、

何かを「得たい」という気持ちより、

何かを「失いたくない」という
気持ちの方が強いのではないか

と思います。


大好きな人に告白して
フラれてしまうことは辛いことですが

長く付き合った大好きな人に
突然フラれてしまうのは、
それ以上に辛いことです。


今、街を見渡せば
20代、30代の人は
ほとんどがスマホを使っています。


一度スマホに慣れてしまうと、
もうスマホのない生活など
考えられないと思います。


スマホは高いから・・・」
と言って、誰よりもガラケーユーザー
を貫いてきた人も、

スマホに変えた後に

「やっぱり支払いがキツイから」


と言ってガラケーに戻す人は
いないと思うのです。


だとしたら、、、

この人間の「失いたくない欲」を
うまく利用すれば、

努力感なく、成長できるのでは
ないかと考えました。


例えば、


「常にタクシーに乗る生活」です。


電車に乗るという概念を捨てて、
どこに行くにもタクシーに乗る
という悪い癖を身につけてしまうと

本当に満員電車に乗るのが
イヤでイヤでたまらなくなります。


満員電車でつり革もつかめずに、
爪先立ちでバランスを取っているのに
酔っ払った中肉のサラリーマンが
自分に体重を預けてくる、、


駆け込み乗車で入ってきた
そのサラリーマンは
ひどく息が上がっていて

汗をシワくちゃなハンカチで
吹いています。

自分の左腕が、そのサラリーマンの
背中に接触していて、

その背中からは汗が伝わってきて
自分の左腕が生ぬるく湿ってきます

・・・

こんな苦痛を味わうなら、
なんとかして収入を
アップさせなくては、、、


と思うわけです。


つまり、
「仕事を頑張ること」よりも、
「満員電車に乗る」ことの方が
努力が必要な状態ができれば、

仕事を頑張ることなど、
なにも大変なことではなくなります。


私は、まだ
「どこへ行くにもタクシー」
というところまではいっていませんが

最近は、積極的にタクシーを
使って、自分のステージを変えようと
思っています。


怠け者な自分をうまく利用した、
成長の方法だと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!