読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◢STAP◤のビジネス研究発信所

〓 ネットビジネス歴5年の私が、脱サラを期にガチで『ネットでお金を稼ぐ方法』を書き殴っていくブログです〓⌁⌁⌁時々、運営側の視点からもノウハウの解説をしていきます♣

こんにちは!

 

があるから人は頑張れます。

その都度、ころころと変わるかもしれませんが



「なりたい自分」「ありたい現状」という



目的があるからこそ人は努力しますし、



キツいことでも耐えられるのだと思います。
今あなたにも夢があると思います。
人に言えないほど厳しく大きな夢だったり
周りからは些細なって思われるぐらいの夢かもしれません。


でも夢がある。



だからこそ、あなたは頑張っているんだと思います。



だから私のブログに来てくれてるんだと思います。



あなたは、その夢を一生諦めない



努力し続ける覚悟がありますか?



ある野球選手のお話です。



彼は子供の頃にお父さんと
ヤンキーススタジアムで行われた
メジャーリーグの決勝戦を観に行きました。



その素晴らしい試合を観て



彼は言いました。



『僕、将来はこのヤンキーススタジアムで

メジャーリーグの決勝の舞台で、あのバッターボックスに立ちたい』


『お前なら必ず立てるさ』と



お父さんも応援してくれました。



そしれ彼は野球選手になるために
その年の誕生日に
バットとグローブをお父さんに買ってもらい、



その日から彼は



お父さんとキャッチボールをするなど練習を始めました。



小学生になった彼は
地元の野球少年団のリトルリーグに入りました。



彼は誰よりも練習をしました。



しかし、実力勝負の世界。




彼は1つも試合に出れることはありませんでした。




中学校に入った彼は
夢を忘れず諦めずに野球部に入りました。



また彼は誰よりも努力をしました。


しかし試合に出れることはありませんでした。


高校に入学しても彼は野球部に入り
また彼は誰よりも努力をしました。


しかし試合に出れることはありませんでした。



大学に入っても彼は夢を諦めませんでした。



『お父さん、僕は絶対に夢を叶えるからね!』


『ああ!お前なら絶対出来る!』と
お父さんも応援し続けてくれました。



大学でも当然のように野球部に入り、
また彼は誰よりも練習しました。



しかし最後まで試合に出れることはありませんでした。


試合にも出れなかった彼に
当然ドラフトにも選ばれずスカウトされることもありませんでした。



そのため大学を卒業した彼は
プロの入団テストを受けました。



しかし、どの球団にも入れませんでした。


『お父さん、僕はプロ野球選手になることは出来なかった。



でも少しでも野球に関わる仕事がしたいんだ。』



お父さんもそれを認めてくれ
彼はメジャーリーグの決勝には程遠い
マイナーのチームに雑用でいいから
仕事をください、とお願いした。
そのチームも雑用なら、と
仕方なく彼を雇うことにしました。



それから彼は毎日雑用の仕事をするようになりました。


グラウンドの整備、トイレ掃除、ボール拾い。


彼は少しでも野球に関わる仕事をしたいがために
雑用の仕事を頑張りました。



ある日チームの監督が



忘れ物をしたため
夜にグラウンドを訪れました。



誰もいないはずなのに明かりが付いている。



見に行くと1人、練習する姿が見えました。



雑用をしていたです。



彼は夢を諦めきれなかったのです。



彼は雑用の仕事が
始まる前に誰よりも早く来て練習をし
雑用の仕事が終わって誰もいなくなったグラウンドで
彼は誰よりも遅くまで練習をしていたのです。



毎日毎日。



そして監督も

彼を見に毎日のように夜のグラウンドを訪れ
彼を見守るようになりました。



監督は彼の姿を見て、
あるメジャーリーグのチームに
自分のプライドや地位を捨てて
彼を入団させてくれるようお願いしました。



その監督の信頼や熱意もあって
彼はなんとメジャーリーグのチームに入団することが出来ました。



そして彼はまた
誰よりも練習しました。



ですが前と同じように試合も出れることもありませんでした。



しかし彼の毎日、一生懸命に練習する
その姿を見て周りのチームメイトも
負けじと練習するようになりました。



彼がチームに勢いをつけました。
試合に出れなくても毎日遅くまで練習する彼を見て
チームメイトも毎日、毎日練習するようになりました。



そして彼のチームはたどり着きました。



メジャーリーグの決勝戦に。



9回裏2アウト。



チームも負けていました。



そんなとき代打で彼は呼ばれました。



初めての試合出場で
子供の頃からの夢だったヤンキーススタジアムで
決勝の舞台のバッターボックスに。



結果は空振り三振。



チームも負けました。



しかしスタジアムからは
スタンディングオベーション
割れんばかりの拍手が起こりました。




なぜでしょうか?



夢を叶えたから?



頑張っていたから?



それもあります。



でも、一番の理由があります。



彼には片腕がなかったのです。



彼は片腕でバットを振り
片腕でグローブでボールをとり
グローブをわきにしまい、片腕でボールを投げていたのです。




片腕しかない彼でしたが
夢を諦めずに努力した結果、
彼は夢を掴みとることができたのです。



だからこそ、惜しみない拍手が送られたのです。



私の夢の1つに
カッコいい大人を育てる。



多くの人に成功して
未来の子供の憧れになって欲しい。



しかし私一人じゃできないから。
必ず、絶対叶えたい夢がある人の夢を一緒に叶える。



その私の夢を叶えるために



私も諦めないという覚悟を決めました。



最後まで読んで頂き
ありがとうございました。